ADSLから光へ乗り換えると何が変わるの?


フレッツ光 代理店

光回線の普及が広まった今では、ADSLを使っている人はあまり見かけなくなりました。昔は、光回線に代えたくてもエリアが対応しておらず、ADSLを我慢して使っているケースもあったでしょう。

 

 

ADSLを使っていた時と、光回線を使い出した今では使い心地や料金等はどのように代わったのでしょうか?ここでは、現在ADSLの人で、光回線に代えようかどうしようか?と迷っている人のために、ADSLと光回線の違いを解説したいと思います。

 

 

ADSLから光へ変更すると実効速度が大幅に早くなるのか?

 

場所によっては光回線よりもADSLの方が早い場合がありますが、基本的には光ケーブルを使って信号を飛ばす光回線の方が通信速度は速いです。ADSLの通信速度は、自宅とNTT基地局との距離が近いほど早くなります。

 

 

ただ、大幅に速くなるのか?と問われると体感的にはそれほど違いは無いように感じます。速度が速くなるというよりも、通信が「安定」するといったほうがいいかもしれません。

 

 

ADSLは使う時間帯や周囲の環境によってノイズが生じやすく、通信にムラが出る事があります。その点、光回線はノイズの影響を受け難い光ケーブルを通って信号が送られますので、外的影響など関係なく安定して接続が行われるのです。

 

 

【上り・下りってどういう意味?】
ちなみにインターネットの通信速度に関する説明で「上り」「下り」というワードを見かけたことがあると思います。「上り」というのは、いわゆるアップロードのことで、パソコンから飛ばす通信速度を表します。例えば、メールの送信や動画のアップロードなどです。

 

「下り」は、ネットからパソコンにデータを送る速度のことです。いわゆるダウンロードのことで、ネット上に公開されているホームページを閲覧したり動画を見たりするのは、「下り」が速いと快適に閲覧できます。

 

 

ADSLから光へ乗り換えると料金は高くなる?

 

ADSLは、通信速度によって料金が違います。通信速度は「Mpbs」という数値で表し、一番小さいプランで8Mpbs。最速プランと呼ばれているのが50Mpbsです。

 

 

当然Mpbsが大きいプランの方が高く、Yahoo!BBの電話加入権不要タイプ50Mだと月額通信料は5520円。8Mpbsだと、電話加入権不要タイプで4720円という料金プランが設けられています。

 

 

【電話加入権について】
従来のADSLでは、既存の固定電話回線を用いて回線を接続していました。この場合だと、家に電話を引いていない人はインターネットを開通することが出来なかった為、当時はとても不便だったのです。携帯電話が主流になりつつありましたからね。しかし、電話加入権不要プランの登場によって、電話回線が無くてもADSLを接続できるようになりました。

 

 

ADSLからフレッツ光に乗り換えるとこんな特典も!

 

現在、ADSLを使っている人は新規加入で特典を貰うチャンスです。フレッツに乗り換えることで、最新ゲーム機PS4や高額家電をタダで貰うことができます。

 

 

ただし、NTTに直接申込みをしてしまうとこのような特典は貰えません。キャンペーンを実施しているフレッツ光代理店を通して申し込みを行うことで、キャンペーン適用となります。

 

 

私が実際に利用した代理店の販売サイトを紹介しておきます。

 

・株式会社ラプター(NTT西日本販売代理店、販売パートナーコード:1015350983)
URL→https://www.nnv-bb.com/

 

この代理店は特典どれもが高額なのに、オプション加入条件が無いというのが魅力でした。また、月額料金に分割ローンで商品代金を組み込むようなことはしていません。実際に利用してみて良かったので、乗り換えの際にはチェックしてみてください。

お得ランキング