引越しの時に損をしないフレッツ光の契約方法


フレッツ光 代理店

引越しの際にフレッツ光を一旦解約するか、新住所への移転手続きを行う必要があります。解約をして新住所で契約をする場合は、「新規契約」扱いとなります。

 

 

引越しの際この新規契約の方を選ぶと、モデムの返却や光回線及びプロバイダーの契約のしなおしをする必要があり少々手間がかかります。そのため、移管手続きを行いそのままの回線契約を新住所でも使い続ける人がいるのですが、これって結構損をしているというのを知っているでしょうか?

 

 

フレッツ光キャンペーン 引越しの時は解約して新規、それとも継続どれが一番お得?

 

なぜ引越しで従来回線をそのまま移すと「損」をするのか?それは継続使用だと、新規契約のようにキャッシュバックやパソコン・家電・ゲーム機プレゼントのような特典サービスを受けられないからです。また、プロバイダーの「新規契約で○ヶ月料金無料」といったような割引サービスも、継続利用では受けられません。

 

 

携帯電話を契約する時も、新規の方が優遇されますよね?同じ携帯会社で機種変更するよりも他の携帯会社に新規契約として乗り換えた方が、機種代が断然お得です。これと同じようにフレッツ光も新規契約者には、「○万円キャッシュバック!」という優遇キャンペーンが実施されています。

 

 

そういう理由から引越しの際には、フレッツ光を一旦解約してから新たに契約しなおすのがお得だといえるでしょう。

 

 

新規の場合、フレッツ光を契約するなら量販店がいいのかフレッツ光代理店経由どっちがいいのか?

 

フレッツ光は、新規契約の方が割引き・キャッシュバックがあるため断然お得ですが、契約の際に「オプションの加入」が条件になっている場合があります。

 

量販店でフレッツ光を新規契約する場合、ひかり電話やひかりTVといった「オプション」と抱き合わせで契約することで、割引サービスを受けられます。「最大8万円キャッシュバック!」というようなキャッチに惹かれますが実はこの場合だと、月額の通信料にオプション利用料が加算されるため、毎月の通信料支払いが1万円を超えてしまったりと、結局割高になってしまう可能性があるのです。

 

そのため、オプション抱き合わせを条件とする量販店での新規契約はあまりお勧めできませんし、自分が使わないオプションはお金も無駄になるため加入するべきではありません。

 

 

ひかり電話もひかりTVも不要でインターネットの回線のみ契約したい人は、代理店経由での新規契約がお勧めです。代理店では、オプション抱き合わせをしなくても割引やキャッシュバックを受けられるため、毎月の支払いは「(通信料+プロバイダー料)−キャッシュバック(割引)」だけ。

 

 

量販店と比べて格安で光回線を利用することができるのです。

 

 

一番損をしない契約方法は?

 

損をしない契約は、いらないオプションには加入しないこと。契約の際には、キャッシュバックや割引の金額だけに魅せられず、細かな条件を把握するようにしましょう。抱き合わせにより料金が加算されていないかどうかのチャックが大事です。

 

 

それと、新規契約キャンペーンを上手に活用すると、とても安く光回線を利用し続けることができます。フレッツ光の契約期間は通常2年で、2年を過ぎると解約しても違約金が掛かりません。そのため一旦解約して新規契約をしなおす事で、再度キャッシュバックや割引が適用されます。

 

 

また、最近量販店ではやっていない最新のパソコンや家電、ゲーム機のプレゼントもフレッツ光代理店では実施しています。普通に購入すると数万円する高額な機器が、新規契約だと無料で入手できるチャンスです。フレッツ光代理店を活用して、この機会に「賢く」インターネットを利用しましょう。

お得ランキング